toggle
山本石材店は丹波篠山にて1933年(昭和8年)に開業し、墓石・石碑専門店として地域に親しまれています。

墓石建立について

♦お墓の建立について

お墓は、亡くなられた方やご先祖様のためだけのものではなく、残された遺族や知人たちの心のよりどころであります。亡くなられても故人への想いは消えることはありません。

その想いを結びつけることができるところがお墓です。家族で納得したお墓を選んでいただき、こころがほっとするお墓(場所)にお参りしましょう。

 ♦お墓の種類

お墓は、大まかにいうと下記の4種類がございます。現代では家墓を建てられることがほとんどです。都市部では納骨堂などの選択肢もあります。

個人墓

思い入れのある方を供養するお墓です。昔は一人に一つのお墓という時代がありました。今は少なくはなってきております。代々個人墓の家系の場合や独身の身内の方のためにご用意されるご家庭もあります。

▲個人墓一例

夫婦墓

夫婦で一緒に入るお墓です。歴史の長い家の墓地には、この夫婦墓がたくさんあります。個人墓と同じように、昔は夫婦墓で代々供養されてきました。石塔にはご夫婦の戒名(法名)が並んで刻まれていることが多いです。  最近、家墓というよりもこちらの夫婦墓がまた増えてきたように思います。LGBTなどのカップルはこんな感じのお墓だといいのかもしれませんね。

▲夫婦墓 ご夫婦で入られています。(横には代々墓があります)

家 墓

▲家墓一例 和墓 石塔 墓誌 塔婆立 物置台 一式

▲洋 墓 「ありがとう」の文字が素敵です。

現代で一番建立数の多いお墓の形です。一つのお墓にその家の代々が祀られていきます。上記の個人墓や夫婦墓を供養塔にまとめられて、代々墓を新たに建てられることもあります。

それは、夫婦墓などお墓の数が増えて管理が大変なことと、墓地のスペースが限られていて増やすことができないからです。まとめられると供養塔と家墓の2基の管理ですみ、墓地のスペースも広くなり、献花の持参数も減りお参りしやすくなります。

▲家墓 小さなお墓 限られた予算の中で施工

合同供養墓(永代供養墓・合祀墓など)

一般的には、後継ぎがいない等で、今後のお墓の管理に不安がある方が選択されることもあります。

家が絶えた後も供養していただけるという安心感や、管理が楽だというメリットもありますが、嫁いだ娘さんが引っ越し等で、改葬(ご遺骨を移動)したいと思われた時にできないということや、墓所によっては祀られている故人の名前を彫るところがなく、拝む対象がわからなくなるというデメリットもあります。親族でメリットやデメリットをよく考慮の上選択されるとよいと思います。

 

♦建立の流れ
1. 遠慮なくお電話・メールで まずご相談ください。(社長は現場が多いのですがお店担当者がおります。)

もちろん、ご来店、大歓迎です。お待ちしております。

お困https://yamamoto-sekizaiten.com/wp-admin/edit.php?post_type=pageりごと、相談内容をお知らせください。墓地のお写真などがあると具体的な相談ができると思います。

2. 現場にて、打ち合わせをさせていただきます。

墓地での打ち合わせは、イメージの共有のため一度は必ずさせていただきます。

また、搬入経路などの確認や墓地管理者への工事届の確認なども行います。

3. お見積り

打ち合わせ内容をふまえて御見積いたします。

詳細な御見積りとCAD図面をお作りします。イメージの共有を目的とします。

また施工アルバムを見ていただきながら、当店の工事の内容をご説明いたします。

4. ご契約

上記でお渡しした御見積書とCAD図面 にて、納期をお聞きしてご契約となります。

施工時にはご連絡差し上げます。

5. 文字・家紋など彫刻原稿の確認

当店にとっても、お客様にとっても重要な文字・家紋などの彫刻です。

石材彫刻はミスが許されません。一度彫ってしまえば、訂正ができません。ですので、誤字脱字はないか、

しっかりとご確認ください。
文字原稿は、原寸大をご用意しますので、完成をイメージしていただきやすいと思います。

また、家紋については、お墓はもちろん、紋付に染められているものやお位牌に記されているものを参考にご確認されるといいと思います。(ご先祖様の歴史にも触れられていいですね。)

小さな確認事項でもしっかり行っておくことでお客様、当店の確認違いをなくすことができます。

特に間違いやすい漢字(例えば:斉、齋、斎、齊…)や旧漢字などにつきましてはしつこいな!と思われるほど何度もお聞きするかもしれません。

お世話になります(^_^)/

6. 施工・完成

施工前には、ご連絡し工事を進めてまいります。

完成後、開眼法要のご準備などわからないことがあれば何でもフォローさせていただきます。

7. アフターフォロー

建ててしまえば終わりではなく、建ててからもお付き合いをお願いいたします。

現在も先代の建てたお墓をお直ししたり、追加彫りをご依頼いただいたりしております。

随時、現場に行っておりますので、その都度点検させていただいております。

(個人経営の店ですので、決まった月にはできないのでご了承ください。)。

当店の今後のためにも、点検することによって新たな発見があり、施工技術の向上にもつながります。

また、何かお困りごとがあればお気軽にお声かけください。